01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

かをるうめ かなたのそらは
  さくもるも くさはらそのた なかめうるをか

(香る梅 彼方の空は さ曇るも 草原その他 眺め得る丘)

解説

さ曇る(さぐもる)は「くもる。」、草原(くさはら)は「草の茂っている野原。」の意味です。

余談

この歌は「大神 五重之音調」の中にある「神州平原」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2018/02/22 Thu. 18:38 [edit]

category: まわりうた

TB: 0    CM: 0

22

まわりうた 

なかくゆれ かなしきなかは
  たたよふよ たたはかなきし なかれゆくかな

(長く揺れ 悲しき半ば 漂ふ夜 ただ儚帰し 流れ行くかな)

解説

儚(はかな)は「形容詞‘はかなし’の語幹。」の意味です。

余談

この歌は「大神 五重之音調」の中にある「ウシワカ登場」を聴きながら、下記記事を読んで、それをモチーフに書いた歌です。

『夢まぼろし・初音ミクの日本文化論(24)』(「ネアンデルタール人は、ほんとうに滅んだのか」さん)
http://d.hatena.ne.jp/HIROMITI/20180217

Posted on 2018/02/18 Sun. 09:18 [edit]

category: まわりうた

TB: 0    CM: 0

18

まわりうた 

かみそのの ひかりとさんせ
  ふしきみき しふせんさとり かひののそみか

(神園の 光と三世 不思議見き 十全覚り 佳美の望みが)

解説

三世(さんぜ)は「三つの世、すなわち前世・現世・来世、また過去世・現在世・未来世など。三際。三界。三生。」、十全(じゅうぜん)は「少しの欠点もなく、完全なさま。十分に整っていて危げないさま。」、佳美は「りっぱで美しい・こと(さま)。」、望みは「ながめ。眺望。」の意味です。

余談

この歌は、ゲームluv waveの中にある「stream memory」(ブート画面でのBGM)を聴きながら、それをモチーフに描いた歌です。

Posted on 2018/02/17 Sat. 19:56 [edit]

category: まわりうた

TB: 0    CM: 0

17

まわりうた 

なかきよの やみのみかへす
  せいなるな いせすへかみの みやのよきかな

(長き世の 闇のみ帰す 聖なる名 伊勢皇神の 宮の良きかな)

解説

帰すは「人を、初めにいた所、または本来の居場所に戻らせる。帰らせる。」、皇神(すべかみ)は「神を敬っていう語。すめかみ。」の意味です。

余談

この歌は「大神 五重之音調」の中にある「ウシワカ登場」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2018/02/17 Sat. 09:51 [edit]

category: まわりうた

TB: 0    CM: 0

17

まわりうた 

かなしみの なみたうきよの
  とさりけり さとのよきうた みなのみしなか

(悲しみの 涙憂き世の 音去りけり 里の良き歌 皆呑みし中)

解説

憂き世(うきよ)は「つらくはかないこの世の中。変わりやすい世間。」、音(と)は「おと。ひびき。こえ。 」、里は「ふるさと。故郷。」、呑むは「飲む。飲酒する。」の意味です。

余談

この歌は、新日本風土記のテーマ曲「あはがり」を聴きながら、下記記事を読んでそれをモチーフに書いた歌です。ちなみに「あはがり」は奄美の島言葉で「全てが明るい」という意味だそうです。

『日本人であることの証明・初音ミクの日本文化論(15)』(「ネアンデルタール人は、ほんとうに滅んだのか」さん)
http://d.hatena.ne.jp/HIROMITI/20180202

Posted on 2018/02/03 Sat. 10:17 [edit]

category: まわりうた

TB: 0    CM: 0

03