09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

なかきよの なみまいかなる
  ひはてりて はひるなかいま みなのよきかな

(永き代の 波間如何なる 日は照りて 入る中今 皆の良きかな)

解説

波間は「波と波との間。なみあい。」「波の絶え間。」、中今は「永遠の過去と未来の中間にある今。当世を最良の世としてほめる語。」の意味です。

余談

この歌は、元ちとせさんの「いつか風になる日」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

ミロクの世の到来を言祝ぐ歌です。

Posted on 2015/10/19 Mon. 19:36 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

19

まわりうた 

なかきよの つやめきはるか
  なつのひの つなかるはきめ やつのよきかな

(永き代の 艶めき遥か 夏の日の 繋がる接ぎ目 谷津の良きかな)

解説

遥かは「距離・時間の非常に隔たっているさま。」、接ぎ目(はぎめ)は「はぎ合わせた所。はぎ合わせた部分。」、谷津(やつ)は「低地。たに。また,低湿地。やち。やと。」の意味です。

余談

この歌は、ジブリアニメ「思い出のマーニー」の主題歌「Fine On The Outside」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

今日「思い出のマーニー」見たのだけど、ボロボロと泣いてしまった。

以下ネタバレ含む。

映画の中で低湿地の場面が出て来るのだけれど、とても美しい。風の谷のナウシカの「青き清浄の地」を連想してしまう。主題歌も聴いていると強烈な郷愁感に包まれてしまう。

「永き代の 艶めき」は、主人公杏奈が体験したマーニーとの秘密めいたやり取りと共に、素の自分でいられる状態のことと解釈したい。心を閉ざしていた杏奈がなぜ立ち直ったのか考えると、やはり心開ける他者との共同体験にあったのではないかと思う。

「遥か 夏の日の 繋がる接ぎ目 谷津の良きかな」は、湿地帯の屋敷、そしてマーニーを通して、幼いころの記憶と現在の状況とが繋がっていき、その奥にある真実を知った際、杏奈が抱えていた内なる問題が溶けていく清々しさと、湿地の美しさとを描いたもの、ということかと思う。

Posted on 2015/10/18 Sun. 16:03 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

18

まわりうた 

なかきよの せかいあみつつ
  なみのまの みなつつみあい かせのよきかな

(永き代の 世界浴みつつ 波の間の 皆包み愛 風の良きかな)

解説

浴む(あむ)は「あびる。」の意味です。

余談

この歌は、元ちとせさんの「いつか風になる日」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2015/10/16 Fri. 17:25 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

16

まわりうた 

なかきよの しほちかのひぬ
  らしんはん しらぬひのかち ほしのよきかな

(長き夜の 潮路が伸びぬ 羅針盤 不知火の梶 星の良きかな)

解説

不知火は「夜間の海上に多くの光が点在し,ゆらめいて見える現象。九州の八代(やつしろ)海・有明海で見られるものが有名。干潟の冷えた水面と大気との間にできる温度差によって,遠くの少数の漁火(いさりび)が無数の影像を作る,異常屈折現象とする説が有力。しらぬひ。」の意味です。

Posted on 2015/10/16 Fri. 17:15 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

16

まわりうた 

なかきよの またきとかある
  みちとせと ちみるあかとき たまのよきかな

(永き代の 全き音が在る 三千年と 智見る暁 玉の良きかな)

解説

全い(またい)は「完全である。欠けていない。」、音(と)は「おと。ひびき。こえ。」、三千年(みちとせ)は「三千年(さんぜんねん)。」、暁(あかとき)は「夜の明ける頃。東の空が白み始める頃。夜明け方。夜明け。古くは,夜半過ぎから明け方までをさした。あかつき。」「ある物事が実現・完成した際。」の意味です。

余談

この歌は「大神 オリジナル・サウンドトラック」のDisk4の中にある「太陽は昇る」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

ミロクの世の到来を言祝ぐ歌です。

「永き代の 全き音が在る 三千年」というのは、この三千年間の歴史を見れば全てが逆さまの不完全の世の中のように見えるが、その裏で完全な響き、神の響き、仕組みが存在しており、これからその響きが、仕組みが、証が出て来るということ。終わりよければ全て良しではないが、細工は流々仕上げを御覧じろ、で見事な世になるということである。

次の「智」であるが、これは智は「日+知」であることから、自分の直日(なおひ)を知るという意味でもあり、本当の日(=太陽)を知るという意味でもある。日本神話風に言えば岩戸開きのことであり、また実際に太陽が変化し、今の光に加えて、霊的な光を発するという意味でもある。光は霊化理(ひかり)であり、人々を霊化せしむる理(みち)のことを指す。これによって半霊半物質となるわけである。秘密は秘密ではなく本来は日光(ひみつ)であり、明らかな光であるということだ。

また智は一霊四魂の奇魂(くしみたま)の働きでもあるので、人々が智慧証覚を得て水晶の魂となるという意味でもある。要するに、ついに夜明け(世明け)が来るということだ。またヨアケのヨは四であるから四アケは四(死)明け(しあけ)でもあり、これは永遠の命を得るという意味でもある。と同時に四アケ(仕上げ)の意味も含まれている。

また玉は個々の魂(たま)を意味するだけでなく、十(た)○(ま)で、これは○の中に十の惑星記号を持つ「地球」でもある。個々の魂から地球の魂まで、全てが同時にリンクしながら新玉(新魂)と相成り、ミロクの世の幕開けとなっていくのである。

Posted on 2015/10/15 Thu. 21:33 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

15

まわりうた 

またすくふ はいせよみかと
  まいのちの いまとかみよせ いはふくすたま

(また救ふ 拝せよ帝 真命の 今と神寄せ 祝ふ薬玉)

解説

帝は「天子・天皇の尊称。また,その位。」、薬玉(くすだま)は「七夕飾りや式典の飾りとし,割れると中から紙吹雪やテープ,ハトが飛び出すものもある。飾り花。」の意味です。

Posted on 2015/10/14 Wed. 16:43 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

14

まわりうた 

なかきよて のひのひしらく
  かみとひと みかくらしひの ひのてよきかな

(永き代で 伸び伸び至楽 神と人 御神楽至美の 日の出良きかな)

解説

至楽は「この上なく楽しいこと。」、御神楽(みかぐら)は「宮中で行われる神楽。」の意味です。

余談

この歌は「大神 五重之音調」の中にある「太陽は昇る」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

ミロクの世の到来を言祝ぐ歌です。

Posted on 2015/10/13 Tue. 18:52 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

13

まわりうた 

なかきよと かみのこかなる
  たいうちう いたるなかこの みかとよきかな

(永き代と 神の子が成る 大宇宙 至る中心の 帝良きかな)

解説

中心(なかご)は「中央。中心。」、帝は「天子・天皇の尊称。また,その位。」の意味です。

余談

この歌は、「魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION」にある「prelude to Act 2」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2015/10/13 Tue. 18:02 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

13

まわりうた 

なかきよの しほうはしまる
  やみかなか みやるましはう ほしのよきかな

(長き夜の 至宝始まる 闇が中 見遣る間四方 星の良きかな)

解説

闇が中の‘が’は「連体修飾格を表す。‘の’と同じ。現代語では文語的表現のみに用いる。多く,所有・所属・同格などの関係を表す。」の意味です。

余談

この歌は、「魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION」にある「prelude to Act 1」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

昨日夜、空を見上げたら星がきれいだったので歌にしました。

Posted on 2015/10/13 Tue. 17:34 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

13

まわりうた 

なかきよの とひらかひらく
  むかはるは かむくらひから ひとのよきかな

(永き代の 扉が開く むかはる場 神座日から 人の良きかな)

解説

むかはるは「時が経過して,対応する物事が巡ってくる。因果が巡ってくる。」「相当する。」の意味です。

Posted on 2015/10/13 Tue. 17:10 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

13