08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

むらくさの なはりてかひの
  ほとりあり とほのひかてり はなのさくらむ

(叢草の 隠りて佳美の 辺あり 遠の陽が照り 花の咲くらむ)

解説

叢草(むらくさ)は「群がって生えている草。」、隠る(なばる)は「かくれる。」、佳美は「りっぱで美しい・こと(さま)。」、遠(とお)は「‘とおつ’‘とおの’の形で,または直接に名詞の上に付き,遠いことの意を表す。 」の意味です。

Posted on 2016/09/30 Fri. 22:54 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきよの ひつきさるあき
  ととめきめ とときあるさき つひのよきかな

(永き代の 日嗣然る秋 止め決め 届きある先 終の良きかな)

解説

日嗣(ひつぎ)は「皇位を継承すること。また,皇位。」、止め(とどめ)は「人を殺すとき,最後にのどを刺したり急所を突いたりして息の根を止めること。 」、終(つい)は「つまるところ。最後。はて。 」の意味です。

余談

この歌は、WAVEのアルバム「Citra re:verse -其歌は真言顕す欠片と為りて-」の中にある「伊邪那岐命 -PROTO:IZANAGI-」~「伊邪那美命 -PROTO:IZANAMI-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2016/09/30 Fri. 22:41 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきよの めいひゑまふと
  とこのをの こととふまゑひ いめのよきかな

(長き夜の 明媚笑まふと 何処の小野 言問ふ間酔ひ 夢の良きかな)

解説

明媚は「景色が清らかで美しい・こと(さま)。」、笑まふは「にこにこする。ほほえむ。」、小野は「野。野原。」、言問ふは「訪れる。訪問する。」、酔ふ(ゑふ)は「酒を飲んで通常の状態でなくなる。酔っ払う。酩酊する。」「物事や雰囲気などに引き込まれ,うっとりとした状態になる。」、夢(いめ)は「ゆめ。」の意味です。

余談

この歌は、WAVEのアルバム「Citra re:verse -其歌は真言顕す欠片と為りて-」の中にある「月読命-TSUKUYOMI SYSTEM-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2016/09/30 Fri. 22:11 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきしか つなかりあのひ
  きおくおく おきひのありか なつかしきかな

(長き詩歌 繋がりあの日 記憶奥 熾火の在り処 懐かしきかな)

解説

詩歌は「和歌・俳句・詩など韻文の総称。」、熾火は「火勢が盛んで赤く熱した炭火。おこし火。おき。」の意味です。

余談

この歌は、下記「ふるさとはアジア」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

http://musictrack.jp/musics/13558

雑感

何だか子供の頃を思い出すと、無性に泣けて来る。うぅう。キョンシーおもしろかったなぁ。

Posted on 2016/09/30 Fri. 21:47 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきよて はなさくみとり
  をかのへの かをりとみくさ なはてよきかな

(永き代で 花咲く緑 丘の上の 薫り富草 縄手良きかな)

解説

上(へ)は「あるものの表面。うえ。 」、富草(とみくさ)は「稲の別名。とみぐさ。」、縄手は「田の中の細道。あぜ道。なわてじ。なわて道。」「まっすぐな長い道。」の意味です。

余談

この歌は、下記「ふるさとはアジア」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

http://musictrack.jp/musics/13558

Posted on 2016/09/30 Fri. 21:35 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

かみのりの いまのみかてり
  たいうちう いたりてかみの まいのりのみか

(神の理の 今のみが照り 大宇宙 至りて神の 真祈りのみが)

雑感

余談

この歌は、Xenogears ORIGINAL SOUNDTRACK Disc 2の中にある「最先と最後」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

あかん、酔いすぎてハイになっとる。頭痛い、うぅう。

Posted on 2016/09/30 Fri. 21:22 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきよの せかいかんかく
  ふしのねの しふくかんかい かせのよきかな

(永き代の 世界感覚 富士の峰の 至福感慨 風の良きかな)

解説

峰(ね)は「山の頂。みね。」、至福は「この上ない幸福。 」、感慨は「心に深く感じること。しみじみと思うこと。」の意味です。

Posted on 2016/09/30 Fri. 21:11 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきよは とひちるかひの
  せかいあい かせのひかるち ひとはよきかな

(永き代は 飛び散る佳美の 世界愛 風の光る地 人は良きかな)

解説

佳美は「りっぱで美しい・こと(さま)。」の意味です。

Posted on 2016/09/30 Fri. 20:37 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

なかきよの いせのまいのち
  のこりけり このちのいまの せいのよきかな

(永き代の 伊勢の真命 残りけり この地の今の 生の良きかな)

雑感

生きてるって素晴らしいなぁ。うぅう。

Posted on 2016/09/30 Fri. 20:18 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30

まわりうた 

とほるみち かなしきいへち
  のかせわせ かのちへいきし なかちみるほと

(通る道 愛しき家路 野風早生 彼の地へ行きし 長路見るほど)

解説

愛し(かなし)は「心にしみるような趣だ。深い感興を感ずる。 」、野風は「野原を吹く風。野に吹く風。」、早生は「農作物・果実などで,成熟期・結実期の早いもの。」、長路(ながち)は「長い道のり。遠路。ながち。」の意味です。

余談

この歌は、アニメ「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

ちょい酎ハイ飲んでて、今日はやたら涙もろくなってる。うぅう。

Posted on 2016/09/30 Fri. 20:07 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: 0

30