07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

なかきよの みなねふるのら
  かたむけむ たからのるふね なみのよきかな

(長き夜の 皆眠る野良 潟向けむ 宝乗る船 波の良きかな)

解説

眠る(ねぶる)は「ねむる。」、野良は「野。野原。」「田や畑。」、潟(かた)は「砂州によって外海から分離されてできる海岸の湖。潟湖(せきこ)。ラグーン。」「浦。入り江。湾。」「遠浅の海岸で、潮が満ちると隠れ、引くと現れる所。干潟(ひがた)。」の意味です。

余談

この歌は、新日本風土記のテーマ曲「あはがり」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。「あはがり」は奄美の島言葉で「全てが明るい」という意味だそうです。

Posted on 2017/08/23 Wed. 08:25 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

23

まわりうた 

いはのとの まあくときなり
  まつりあり つまりなきとく あまのとのはい 

(岩の戸の 真開く時なり 祭りあり 詰まり無き徳 天の音の拝)

解説

真は「(〔名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞などに付いて〕)完全・真実・正確・純粋などの意を表す。」、天の(あまの)は「天にある。天の。天上界に所属する。」、音(と)は「 おと。ひびき。こえ。」、拝(はい)は「頭を下げて敬礼すること。おがむこと。」の意味です。

余談

この歌は、WAVEのアルバム「Citra re:verse -其歌は真言顕す欠片と為りて-」の中にある「天照大御神-AMATERAS SYSTEM-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/08/23 Wed. 07:39 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

23

まわりうた 

かみのひと ひひきふりよし
  かむかせか むかしよりふき ひひとひのみか

(神の人 響き不離良し 神風が 昔より吹き 日々問ひのみが)

解説

不離は「離れないこと。また、離せないこと。」の意味です。

余談

この歌は、WAVEのアルバム「Citra re:verse -其歌は真言顕す欠片と為りて-」の中にある「天照大御神-AMATERAS SYSTEM-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/08/23 Wed. 07:20 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

23

まわりうた 

つきのよの みかきありかは
  むかはるは かむはかりあき かみのよのきつ

(月の夜の 御垣在り処は むかはる場 神議り秋 神の世の来つ)

解説

御垣は「宮中・神社などの神聖な地域のまわりにある垣。」、在り処は「物のある場所。人のいる場所。所在。居所」、むかわるは「時が経過して、対応する物事が巡ってくる。因果が巡ってくる。」、神議る(かむはかる)は「多くの神が集まって相談する。かんはかる。」、つは「動作・作用が完了すること。また、すでに完了してしまったことを表す助動詞。…た。…てしまう。…てしまった。」の意味です。

余談

この歌は、WAVEのアルバム「Citra re:verse -其歌は真言顕す欠片と為りて-」の中にある「月読命-TSUKUYOMI SYSTEM-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/08/23 Wed. 07:03 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

23

まわりうた 

なかきよら かたきかみまた
  とことはと ことたまみかき たからよきかな

(長き夜ら 堅き神また 常と 言霊磨き 宝良きかな)

解説

夜ら(よら)は「夜。」、常(とことわ)は「永久に変わらない・こと(さま)。永久不変。」の意味です。

Posted on 2017/08/22 Tue. 23:28 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

22

まわりうた 

なかきよの またきしいのり
  まつのみの つまりのいしき たまのよきかな

(永き代の 全き詞祈り 待つのみの 詰まりの意識 玉の良きかな)

解説

全し(またし)は「完全である。欠けたところがない。まったい。」、詞(し)は「ことば。文章。詩歌。」、詰まりは「物事の行きつくところ。果て。終わり。」「行きどまり。すみ。」の意味です。

Posted on 2017/08/22 Tue. 23:15 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

22

まわりうた 

なかきより あもるてんてい
  あしきなき しあいてんてる もありよきかな

(永きより 天降る天帝 悪しき無き 至愛天照る 面あり良きかな)

解説

天降るは「天上から降りてくる。天下る。 」、面(も)は「おもて。表面。あたり。方向。」の意味です。

Posted on 2017/08/22 Tue. 23:07 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

22

まわりうた 

なかきよの ひしりあいせん
  せいへいへ いせんせいあり しひのよきかな

(永き代の 日知り愛善 清平へ 依然生あり 至美の良きかな)

解説

清平(せいへい)は「世の中が清らかに治まっている・こと(さま)。」、至美は「たいへん美しいこと。すばらしいこと。また、そのさま。」の意味です。

Posted on 2017/08/22 Tue. 22:40 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

22

まわりうた 

なかきよの ひつくのしせつ
  きたりけり たきつせしのく つひのよきかな

(永き代の 日月の時節 来たりけり 滝つ瀬凌ぐ 終の良きかな)

解説

月(つく)は「つき。」、滝つ瀬は「水の激しく流れる瀬。また、滝。」、終は「つまるところ。最後。はて。」の意味です。

Posted on 2017/08/22 Tue. 22:13 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

22

まわりうた 

しけるはの ひかりのせかい
  たきよせよ きたいかせのり かひのはるけし

(繁る葉の 光の世界 抱き寄せよ 機体風乗り 佳美の遥けし)

解説

機体は「飛行機のエンジンおよび装備品以外の部分。また、飛行機それ自体。」、佳美は「りっぱで美しい・こと(さま)。」、遥けし(はるけし)は「空間的、時間的、心理的に遠くはなれている。」の意味です。

余談

この歌は、「風の谷のナウシカ サウンドトラック はるかな地へ…」の中にある「鳥の人」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

「風の谷のナウシカ」にメーヴェという乗り物が出て来るが、これに乗っていたナウシカは風を感じながら、腐海もまた、大自然の大きな営みの一部であると感じていたのかもしれない。

だが人の身としては、腐海は余りにも大きな脅威であり、だからこそ「青き清浄の地」という理想郷にあこがれてしまう。

「繁る葉の 光の世界」は、その「青き清浄の地」を彷彿とさせるわけだが、漫画版「風の谷のナウシカ」で、いざナウシカが「青き清浄の地」を垣間見た時の反応は、ここがまた人間の手で壊されやしないか、という心配であった。

そこは確かに、腐海と共に生きる者にとっての理想郷ではあったが、長らく風の谷に守られ、さらに風の動きに、ほとんど命を預けざるを得ないメーヴェに、いつも乗っていたナウシカにとっては、腐海を肌で感じた時の感覚とそう大差がなかったように思う。

つまり、腐海を忌み嫌って、清浄の地を崇拝する、というような二元的な立ち位置ではなかった、ということだ。

腐海に住む異形の植物や虫たちが見せる生命のダイナミックさと、清浄の地が見せる静かな湿地帯の風景。そのどちらにも接したナウシカが感じたのは、物語中のセリフを借りれば「この星では生命はそれ自体が奇跡なのです」ということなのだろうと思う。

だから、この「繁る葉の 光の世界」は、それを示しているように思うのである。

「青き清浄の地」は、腐海に生きる者としては理想郷だが、本来、葉が繁るのも、太陽が輝くのも、ごく自然の日常の出来事のはずである。

葉が生い茂っていく力。太陽が輝く力。それら力の源は、腐海の異形なる生き物たちが生きていこうとする力の源と同じである。そして、その力は人にもまた与えられている。

それが「佳美の遥けし」なのだ。

その力はとんでもなく美しく、それはあらゆる時間空間に対して、遥か彼方まで広がっている。だからこそ、「繁る葉の 光の世界 抱き寄せよ」でもあるのだと思う。

Posted on 2017/08/20 Sun. 08:27 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

20