07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

いろはうた 

あまつくにはら とよさきの
てりそむるいろ うけもえぬ
おほわたちふね ひめやゆれ
しんゐなへせす かみこゑを

天つ国原   豊幸の
照り初むる色 受け燃えぬ
大海千船   姫や揺れ
神威並べ為す 神声を

解説

天つは「天の。天にある。天上界に所属する。」、国原は「広く平らな土地。広い国土。」、豊(とよ)は「助詞‘の’を伴って連体修飾語として用いられるほか、名詞、時に動詞の上に付いて用いられる。物事が豊かである意を表し、褒める意を添える。」、幸(さき)は「さいわい。繁栄。」、初むは「〔動詞の連用形に付いて〕…し始める。初めて…する。」、海(わた)は「海(うみ)。」、神威(しんゐ)は「神の威光。」、並ぶ(なぶ)は「並べる。」、為す(せす)は「なさる。あそばす。」の意味です。

※ちなみに天つ国(あまつくに)は「高天原のこと。日本神話で、神々の世界。」「天国のこと。」の意味です。

余談

この歌は「大神 オリジナル・サウンドトラック」のDisk4の中にある「太陽は昇る」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

意訳

高天原は、豊かな繁栄をもたらす(朝の光が)、照り始めるその色を受けて、まるで一面が燃えたかような神々しさを放っている。

一方、大海原からは数多くの船が、波に揺られながらやって来て、その先頭の船の舳先には、勇敢に立っている姫様の姿が見られる。

その姫様は、神威を発揮しなさる声を次々に発せられているよ。

雑感

中々合わせるのが難しく、ちょっと強引になってしまったかもしれない。正直、どういう状況での歌なのか、ちょっとよくわからない。

まず感じるのは、豊幸の幸(さき)は崎(さき)に通じ、御崎(岬)の情景を連想させられる。

おぼろげに感じるイメージとしては、とある姫君が長い間、船でどこかに行っていたが、目的を果たして晴れて帰ってきたシーン、というもの。

「神声」としているが、これは何かの目的が達成されたので、その神威を知らしめることが出来た、という意味で、いわば勝ち鬨みたいな感じを受ける。

目的が成就されたことを、いち早く知らせるために「天つ国」に戻って来た、という感じもする。

この姫様は神功皇后のようなイメージだが、よく考えてみると天照大神の別名は日孁(ひるめ)である。ヒルメは何気ヒメに通じる感じがする。なので、この姫様は天照大神とも言えるのかもしれない。

だが、後半部分の最初の文字を縦に繋げると「豊受姫神」となるので、そのまま豊受姫神のことと取るべきなのかもしれないが、接点がちょっとよくわからない。

うーん、詳細がよくわからないが、良い知らせが来る、という意味には違いがないので、この形をもって、この歌の完成とすることにします。

Posted on 2017/08/12 Sat. 18:32 [edit]

category: いろはうた

TB: --    CM: --

12

まわりうた 

うきのちの いまときみつと
  ひもくろく もひとつみきと まいのちのきう

(泥の地の 今時満つと 日も黒く も一つ見きと 真命の球)

解説

泥(うき)は「泥深い土地。沼地。和歌では多く‘憂き’にかけて用いられる。」、満つは「(限度まで)いっぱいになる。充満する。満ちる。広まる。」、も一つは「その上にさらに一つ。もう一つ。」、球(きゅう)は「丸いもの。たま。」の意味です。

余談

この歌は、Xenogears ORIGINAL SOUNDTRACK Disc 2の中にある「最先と最後」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

意訳

既に、この地球が泥海の地になっている今、時が満ちると、太陽さえも黒くなる。

この現象が起こると、神隠しにあったように、多くの人々がこの世から消え失せる。

これら消えた人々は口をそろえて、もう一つの世界を見た、と言う。その世界とは、泥海になった地球とは似ても似つかない、まるで瓜二つの地球であった。しかしその地球は、今まで全く見たことも聞いたこともない、真っ新で産(うぶ)のままの地球であった。

そこでは、自分自身も含め360度全てが輝いているという。その輝きは、地球をはじめとして、そこに住む人々、動物達、植物達、果ては鉱物に至るまで、それぞれが固有に持っている命の光によって、もたらされているという。

Posted on 2017/08/12 Sat. 10:17 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

12