05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

かみのへし ことたまのみの
  ももかみか もものみのまた とこしへのみか

(咬み述べし 言霊のみの 百神が 桃の実のまた 常しへのみが)

解説

咬む(かむ)は「二つの歯車の歯が合わさる。」、百(もも)は「百(ひゃく)。転じて、非常に数の多いことを表す。名詞の上に付けても用いられる。 」、常しえは「変わらずにいつまでも続く・こと(さま)。とこしなえ。えいきゅう。」の意味です。

余談

この歌は、「大神 オリジナル・サウンドトラック」にある「妖怪退治」~「双魔神 モシレチク コタネチク退治」~「妖魔王キュウビ退治」~「ヤマタノオロチ復活」~「ヤマタノオロチ退治 其の一」~「ヤマタノオロチ退治 其の二」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/05/07 Sun. 13:57 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

07