04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

かみのくら ひまからひとつ
  みひかりか ひみつとひらか まひらくのみか

(神の座 隙から一つ 御光が 秘密扉が 真開くのみが)

解説

隙(ひま)は「すきま。物と物との間。」、真(ま)は「うそいつわりのない、真実の、本当の、などの意を表す。」の意味です。

余談

この歌は、WAVEのアルバム「Citra re:verse -其歌は真言顕す欠片と為りて-」の中にある「天照大御神-AMATERAS SYSTEM-」~「月読命-TSUKUYOMI SYSTEM-」~「須佐能乎命-SUSANOWO SYSTEM-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

秘密(ひみつ)は火水(ひみづ)、日光(ひみつ)につながり、岩戸開きに通じる。

今朝、北朝鮮がミサイルを打ったが、下手すると日本本土に着弾して一気に戦争へと突入するシナリオもあったのではないか。神示では、全ては神芝居であると言われているものの、本当に綱渡りである。

まだ大難が出て来ていない内に、いち早く岩戸(言答)開きと相成って、安心したいものである。ここまで来たら、もはや神に祈るばかりだ。

Posted on 2017/05/14 Sun. 13:12 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

14