09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

むらくもに みうるかひから
  よきまにま きよらかひかる うみにもくらむ

(群雲に 見得る貝殻 良き随 清らが光る 海に潜らむ)

解説

群雲(むらくも)は「群がり集まった雲。一群れの雲。」、随(まにま)は「事の成り行きにまかせるさま。ままに。まにまに。」、清ら(きよら)は「清く美しいこと。気品があって美しいこと。また、そのさま。」の意味です。

余談

この歌は、「千と千尋の神隠し サウンドトラック」の中にある「あの夏へ」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/08/03 Thu. 12:29 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

03