07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

しふきこと きつきかあひき
  ろくかふか くろきひあかき つきとこきふし

(繁吹き共 気付きが合気 六合が 黒き日赤き 月と呼吸し)

解説

繁吹き(しぶき)は「雨風が吹きつけること。また、その雨。」「水などが細かく飛び散ること。また、その水滴。飛沫(ひまつ)。」、共(ごと)は「名詞に付いて、そのものも含めて、の意を表す。…とともに。…ぐるみ。」、六合(ろくごう)は「上下と東西南北の六つの方角。天下。世界。六極(りっきょく)。」の意味です。

余談

この歌は「大神 五重之音調」の中にある「常闇ノ皇」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/08/09 Wed. 20:23 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

09