09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

とのはいく あまたかみのこ
  いさきよき さいこのみかた まあくいはのと

(何の場行く 数多神の子 潔き 最後の御型 真開く岩の戸)

解説

何の(どの)は「どれとはっきり限定しないままに、不明・不定の事物・人間・程度などを取り上げるときに用いる語。いずれの。」、数多は「数が多いさま。たくさん。多数。」、潔しは「汚れがない。清浄だ。」「心やおこないにやましいところがない。潔白だ。」「清らかで気持ちがよい。」、真は「(〔名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞などに付いて〕)完全・真実・正確・純粋などの意を表す。」の意味です。

余談

この歌は、「風の谷のナウシカ サウンドトラック はるかな地へ・・・」の中の「ナウシカ・レクイエム」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/08/26 Sat. 17:06 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

26