09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

もかひかる をかにはきさし
  こすもすも すこしさきはに かをるかひかも

(面が光る 丘には萌し コスモスも 少し咲き場に 香る佳美かも)

解説

面(も)は「おもて。表面。あたり。方向。」、萌し(きざし)は「物事が起こりそうな気配。兆候。」、コスモスは「キク科の一年草。高さ1.5~2メートル。葉は細かく羽状に裂ける。秋、白色や紅色の花を開く。メキシコの原産で、観賞用。アキザクラ。オオハルシャギク。」、佳美は「りっぱで美しい・こと(さま)。」、かもは「感動・詠嘆を表す終助詞。…ことよ。…だなあ。」の意味です。

余談

この歌は、-MYTH- The Xenogears Orchestral Albumの「やさしい風がうたう -Orchestra Version-」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

Posted on 2017/09/18 Mon. 09:56 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

18