09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

まわりうた 

かみのうま いたりかひみき
  たまのひの またきみひかり たいまうのみか

(神の馬 至り佳美見き 魂の火の 全き御光 大望のみが)

解説

佳美は「りっぱで美しい・こと(さま)。」、全し(またし)は「完全だ。欠けたところがない。」、大望(たいもう)は「大きな望み。遠大な志。たいぼう。」の意味です。

余談

この歌は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T」の中にある「Fish - Silent Cruise」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

神の馬?

意味がさっぱりわからないので、辞書を引くと神馬の文字があった。

神馬(しんめ)は「神霊の乗り物として神聖視されている馬。白馬を特に重んじる。」の意味だそうだ。

白馬と言えば、下記記事を思い出す。

『第××章 Xデー 最後の審判・世の大立替・天の岩戸開けは本当にあるのか?  その6』(「人に内在する良心神(神言会)」さん)
http://kamikotokai-b.jugem.jp/?eid=465

記事によれば、この白馬に乗った神霊はヨハネ黙示録に出て来る義の方でもあって、神界を統一できるだけの力を持った神霊なのだとか。

イメージとしては、そのお方が霊界において表に出て来ることによって、現界も劇的に変わる、というもの。

どう変わるかというと、人、動物、植物を始め、各魂が同時多発的に光を放ち始めて、そこら中が光り輝くというもの。

地球の魂も当然光り輝いていて、その色は緑色に透き通っている。

宇宙から見ると、まるで巨大な宝石のように大変美しく、それを見た者は、魂の芯からうっとりとして、一瞬にして虜になってしまうほどのようだ。

肉体的に見れば、この一連の流れの中で皆朽ち果ててしまうのだが、まるで脱皮するかのように、内側から光輝いた霊体が現れて、気が付けば皆、新しい地球で甦っている、というイメージが湧く。

そして、その光はそれぞれの個性によって色も光り方も違っている。しかし間違いないのは、それら無数の魂の光が新しく輝く地球に、より一層の彩りを与えている、という点だ。

何にせよ、人知を遥かに超えた、大きな大きな大望である。

Posted on 2017/09/24 Sun. 13:05 [edit]

category: まわりうた

TB: --    CM: --

24