09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

花鳥風月

気ままに回文歌、いろは歌を書いています。

いろはうた 

しんめまみえぬ くにのよを
さかひあろゆゑ おほきむね
すへてわらはせ りつゐやも
いちうなるこそ たふとけれ

神馬見えぬ  国の世を
界ひ鴉鷺故  大き旨
統べて笑はせ 立位八方
一宇成るこそ 尊とけれ

解説

神馬(しんめ)は「神霊の乗り物として神聖視されている馬。白馬を特に重んじる。」、見える(まみえる)は「‘会う’の意の謙譲語。お目にかかる。」「顔を合わせる。対面する。」、界ふ(さかふ)は「境を決める。限る。区切る。」、鴉鷺(あろ)は「黒白。」、大し(おほし)は「大きい。広い。」「偉大だ。」、統べるは「 ひとつにまとめて支配する。統率する。」「一つにまとめる。たばねる。」、立位(りつゐ)は「立った姿。立った状態。」、八方(やも)は「八つの方面。あらゆる方面。四方八方。」、一宇(いちう)は「屋根を同じくすること。一つ屋根の下に暮らすこと。」、尊し(たふとし)は「きわめて価値が高い。非常に貴重である。たっとい。」の意味です。

余談

この歌は「大神 オリジナル・サウンドトラック」のDisk4の中にある「太陽は昇る」を聴きながら、それをモチーフに書いた歌です。

雑感

霊界物語に国大立尊(くにひろたちのみこと)という神様が出て来るが、今回の歌はそのご神名にあやかって作った歌です。

ちなみに日月神示にも、このご神名が出て来る。

日月神示参照。

『何も彼も前つ前つに知らしてあるのに、人民は先が見えんから、言葉の【ふくみ】がわからんから取違ひばかり、国土(九二つち)の上は国土の神が治(し)らすのぢゃ、世界の山も川も海も草木も動物虫けらも皆この方が道具に、数でつくったのぢゃ。愈々が来たぞ、いよいよとは一四一四ぞ、五と五ぞ。十であるぞ、十一であるぞ、クニトコタチがクニヒロタチとなるぞ、クニは黄であるぞ、真中であるぞ、天は青であるぞ、黄と青と和合してみどり、赤と和して橙(だいだい)となり、青と赤と和して紫となる、天上天下地下となり六色となり六変となり六合(クニ)となるのぢゃ、更に七となり八となり白黒を加へて十となる仕組、色霊(イロタマ)結構致しくれよ。』(紫金の巻 第十一帖)

それでは歌の解釈に移りたいと思う。

「神馬見えぬ」は、神馬(に乗った神霊)にお目にかかった、という意味であろう。

「国の世を 界ひ鴉鷺故」は、国と国とがわけ隔てられた世の中の、さらにまたその中で、それぞれ境界を作り、互いに争うことで、勝てば官軍、負ければ賊軍の、白黒はっきり分かれてしまう様が、このままでは過去にも増して激しくなるゆえに、という意味であろう。

「大き旨 統べて笑はせ 立位八方 一宇成るこそ 尊とけれ」は、偉大な御旨を持った(前述の神馬に乗った)神霊が全てを一つにまとめて、皆をどっと笑わせ、そうして自分を含めた周り全て、世界全てが、一つの屋根の下で過ごしているかのように仲良くなる、その様が尊いなぁ、という感じの意味かと思う。

Posted on 2017/10/08 Sun. 18:22 [edit]

category: いろはうた

TB: --    CM: --

08